ブランドから骨董品を選ぶ
里帰り薩摩焼
隅田焼
オールドノリタケ
竹内忠兵衛
横浜焼
瀬戸焼



目的から骨董品を選ぶ
アンティーク【カップ・マグ】
アンティーク【茶器】
アンティーク【テーブル小物】
アンティーク【ボウル・鉢】
アンティーク【皿・プレート】
アンティーク【花瓶・花器】
アンティーク【掛花入れ】
アンティーク【置物】
アンティーク【絵皿・飾皿】
アンティーク【喫煙器】
アンティーク【蓋物・小物入れ】
アンティーク【その他の用途】
敬誠アートのトップページへ > ブランドから骨董・アンティークを探す

ブランドから骨董・アンティークを探す

オールドノリタケ 森村組や日本陶器(現在のノリタケカンパニーリミテッド)が、明治末期から戦前までに製造して主に欧米諸国に輸出した西洋風絵付けをしたヴィンテージ・アンティーク陶磁器の総称です。
オールドノリタケの作品はこちら >>
里帰薩摩 朝鮮陶工によって約400年前に伝えられ、鹿児島の本薩摩を始め、錦光山や帯山等の京薩摩、大阪薩摩、 横浜薩摩など各地へ派生し、欧米諸国へ輸出された美術工芸品です。
里帰り薩摩焼の作品はこちら >>
隅田焼 井上良齋(1828年~)が、1875年に島田惣兵衛の協力で、隅田川近くの浅草橋場町に窯を築き、陶磁器にフィギュアを貼り付ける高浮彫装飾で、上部に釉薬を掛け流した生命力溢れる作品です。
隅田焼の作品はこちら >>
竹内忠兵衛 名古屋七宝会社の設立の中心工人として活躍しました。第1・2回内国勧業博覧会(明治10年、14年)では、陶磁胎七宝で、2回とも嘉賞を受賞し、鮫肌の作品も作陶されたことでも有名です。
竹内忠兵衛の作品はこちら >>
瀬戸焼 明治時代に愛知県瀬戸市で輸出用の陶磁器の総称で、写実的で繊細な染付作品が海外で高い評価を得ています。川本枡吉、川本半助、加藤春光などが有名です。
瀬戸焼の作品はこちら >>
横浜焼 ジャポニズムというエキゾチックな作風を横浜で絵付けをして横浜港から輸出された作品の総称で、1873年のウィーン万博で脚光を浴びた名作。井村、中村、高坂、三栄舎、百田などが有名です。
横浜焼の作品はこちら >>
オールド九谷 明治・大正時代に欧米に輸出された九谷焼の総称で、明治期に加賀藩と大聖寺藩の援助を失い、石川県が殖産興業・輸出振興のため各国の万国博覧会への参加し、九谷焼を輸出しました。
オールド九谷の作品はこちら >>
オールド有田 明治・大正時代に欧米に輸出された有田焼の総称で、明治6年(1873年)のウィーン万博に出展し、細密な絵付けが海外で評判となり、名声を得ました。
オールド有田はこちら >>
プレミアノリタケ 現在のノリタケカンパニーリミテッドが、戦後の1945年頃~1960年頃までに製造した作品の総称で、米国進駐軍の関係者向けに販売されていたものもあります。
戦後のプレミアノリタケの作品はこちら >>
モダンノリタケ 現在のノリタケカンパニーリミテッドが、1961年以降に製造した作品の総称です。
1961年以降のモダンノリタケの作品はこちら >>
その他の里帰陶磁器 明治・大正時代に活躍した輸出陶磁器です。ヴァンタイン商会、松村九助、井元商店、田代商店、ロイヤルモリエ、オリエンタルチャイナなどが有名です。
その他の里帰陶磁器はこちら >>