敬誠トップ > 金盛り

金盛り

金盛りは、装飾として点、点線、線などを泥漿で描き、焼成した後に金液を筆などで塗り被せて仕上げる技法 です
欧米では人気のあった豪華絢爛な装飾で、高級品の装飾技法として普及しています
オールドノリタケでよく用いられている金液は、金の延棒を濃塩酸と濃硝酸を体積比で3対1に混ぜた溶液で 溶解し液状にしたものを使用していましたす
ページトップヘ