トップページ > 作品紹介 > MKサイン入り黒フサスグリ文ボウル
オリエンタルチャイナ
MKサイン入り黒フサスグリ文ボウル

作品番号 u0658
裏印銘 ORIENTAL CHINA NIPPON
状 態 カケ・ワレ・ヒビなどなく良好な状態
寸 法 H:3.5cm L:15.5cm W:21cm
原産国 日本
買付先 アメリカ
付属品

販売価格 21,780円 <税込>


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号:04-7179-0116 [ 平日10:00~17:00 ]
u0658_1

< 作品の詳細な画像はこちら >

作品解説
今から約100年前に欧米に輸出されたオリエンタルチャイナの黒フサスグリが描かれたアンティークな作品です。
黒フサスグリは、現存する森村組の画帖に何点か掲載されていて、多くは「河原」と記載されています。
これは、河原徳立に発注したデザインだと言われています。
つまり、オリエンタルチャイナというメーカーが、河原に発注したと推測されます。

河原徳立は、1900年のパリ万博参加のため審査員として渡仏し、ヨーロッパのレベルの高さに驚いたそうです。
1898年に東京から名古屋に画工場を移転し、森村組の専属として絵付けを行っていました。
画工場の主人は、「高級品の作陶に注力していたため京都なら行くが、名古屋へは行かない」と他の連中を困らせたそうです。

オリエンタルチャイナは、オールド・ニッポン(ニッポンポーセリン)の一種で、ノリタケが森村組と呼ばれていた明治時代から日本陶器が誕生した後の大正時代に活躍したメーカー、問屋の総称です。
オールド・ニッポンは、製品に記載された裏印とその製品を輸出したメーカー、商社・問屋を直接結び付ける資料が乏しいため、ほとんどの裏印の出所が不明で、今後の展開が期待できる作品群と言えます。