トップページ > 作品紹介 > 寺院松ノ木帆船染付鉢
瀬戸焼
寺院松ノ木帆船染付鉢

作品番号 u2273
裏印銘 白雲堂 周兵製(初代加藤周兵衛)
状 態 カケ・ワレ・ヒビなどなく良好な状態
寸 法 H:11cm L:25cm W:27cm
原産国 日本
買付先 アメリカ
付属品

販売価格 392,700円 <税込>


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号:04-7179-0116 [ 平日10:00~17:00 ]
u2273_1

< 作品の詳細な画像はこちら >

作品解説
今から約100年前に欧米に輸出された加藤周兵衛のアンティークな作品です。

加藤周兵衛は、瀬戸・南新谷の陶工で、初代周兵衛の長男徳七として生まれ、白雲堂と号しました。
瀬戸の近代陶業の発展に尽くした人物で、明治初年に瀬戸窯元取締役となり、5年ウィーン万博出品青花磁製造方取締役、愛知県勧業委員などを命じられました。
1910年の名古屋開府三百年紀年新古美展覧会では、瀬戸を代表する「青華壺形花瓶」で褒状を受賞しています。
初代1819年~1900年、二代1848年~1903年。