トップページ > 作品紹介 > 花鳥文飾皿
横浜焼
花鳥文飾皿

作品番号 u2401
裏印銘 日本横濱井村造
状 態 カケ・ワレ・ヒビなどなく良好な状態
寸 法 D:23cm
原産国 日本
買付先 アメリカ
付属品

販売価格 160,600円 <税込>


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号:04-7179-0116 [ 平日10:00~17:00 ]
u2401_1

< 作品の詳細な画像はこちら >

作品解説
今から約100年前に欧米に輸出された井村彦次郎の花鳥風月がが描かれたアンティークな横浜焼の作品です。
井村彦次郎は、横浜絵付として最古の歴史を持ち、宮川香山と並んで横浜絵付を代表する存在です。
1875年頃から活躍した人物で、宮川香山が素地から作るのに対して、瀬戸(川村舛吉など)や薩摩などの他の場所から素地を取り寄せて、横浜で絵付けをしていました。
伝統的な花鳥風月を描いた格調高いものが多く存在しています。
里帰りした中には非常に細密精緻な絵付けに驚かされることも多々あります。

横浜絵付けは、明治前半から中頃に最盛期を迎えたが、アール・ヌーヴォからアール・デコに移り、衰退していってしまった横浜の名品です。
裏印は、「日本横浜・井村」、「大日本井村製」などがあります。