トップページ > 作品紹介 > G.Kimuraサイン入エッチング風景文ケーキプレート
オールドノリタケ
G.Kimuraサイン入エッチング風景文ケーキプレート

作品番号 u4752
裏印銘 1921年頃 - 1941年頃 通称:M-JAPAN印
状 態 カケ・ワレ・ヒビなどなく良好な状態
寸 法 H:3cm L:21cm W:28cm
原産国 日本
買付先 カナダ
付属品

販売価格 132,000円 <税込>


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号:04-7179-0116 [ 平日10:00~17:00 ]
u4752_1

< 作品の詳細な画像はこちら >

作品解説
今から約100年前に欧米に輸出されたオールドノリタケの希少な画工・ペインターのサイン入り作品です。
G.Kimuraというサインが入っています。

木村義一 ( G.Kimura / S.Kimura )とは、1890年に生まれ、1906年頃に日本陶器に入社して、見本室長まで勤め上げた人物です。
1948年頃に日本陶器を退職後の1951年頃に木村商会を設立して、1978年頃まで日本陶器の下請けとして活躍したようです。
S.Kimuraは木村商会のもので、G.Kimuraは森村組・日本陶器時代の木村義一の作品です。

画工のサインの入った作品は、市場相場を離れて、戦前のオールドノリタケや戦後のプレミアノリタケの中で最も芸術性・工芸性の高い作品です。
日本陶器では同仁会の中の技芸科が画工の養成機関として存在しており、日本画や洋画、彫刻部門があり、その中で特に優れた画工のみが許されたものが画工サインであると考えられます。