トップページ > 作品紹介 > 盛り上げ燕文マッスル型花瓶
オールドノリタケ
盛り上げ燕文マッスル型花瓶

作品番号 u5060
裏印銘 1891年頃 - 1915年頃 通称:メープルリーフ印
状 態 剥離(盛り上げ)がある程度で、カケ・ワレ・ヒビなどなく良好な状態
寸 法 H:27cm L:13cm W:19cm
原産国 日本
買付先 アメリカ
付属品

販売価格 1,309,900円 <税込>


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号:04-7179-0116 [ 平日10:00~17:00 ]
u5060_01

< 作品の詳細な画像はこちら >

作品解説
今から約100年前に欧米に輸出されたオールドノリタケの鳥が描かれたアンティークな作品です。

この作品に用いられている装飾技法は、「盛り上げ」と呼ばれています。
陶磁器を立体的に見せる技法で、欧米でも【MORIAGE】で通用する程、有名な装飾技法です。
デコレーションケーキを飾る時に使用する生クリームを絞り出すような道具を用いて、装飾を行います。

機械文明に支えられて成長してきたアメリカにとってハンドメイドの優しい温もりを表現したものとして人気が高いです。
精緻な装飾技術で、現代では再現が不可能だと言われています。

当時のオールドノリタケの作品には、多種多様な鳥が確認されています。
南国の鳥であるオウム、知恵の神として人気のフクロウ、野性味溢れる山鳥、アメリカで人気のフライングスワン、カワセミ(翡翠)やキジ、カモメなどが確認されています。
日本画の伝統的なデザインに西洋の趣きが融和した素晴らしい仕上がりです。