トップページ > 作品紹介 > 翁と亀文花瓶
有田焼
翁と亀文花瓶

作品番号 u5602
裏印銘 深川製
状 態 カケ・ワレ・ヒビなどなく良好な状態
寸 法 H:25cm L:19cm W:19cm
原産国 日本
買付先 イギリス
付属品

販売価格 327,800円 <税込>


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号:04-7179-0116 [ 平日10:00~17:00 ]
u5602_01

< 作品の詳細な画像はこちら >

作品解説
今回の里帰美術工芸は、深川製磁の見事なヴィンテージの有田焼です。
深川製磁は、1894年に同じ有田町にある香蘭社の深川栄左ヱ門の次男深川忠次により設立されました。
1900年にはパリ万国博覧会に出品して、最高名誉のメダーユドールを獲得しています。

また、深川製磁のある有田は、17世紀初頭に日本で初めて磁器を生産したことで有名です。
19世紀後半の幕末、明治時代に西洋の技術を取り入れて発展しました。
1873年のウィーン万博に出展し、赤や金の上絵付を施すなど、色鮮やかで豪華絢爛な作風が海外で評判となり、名声を得ました。