トップページ > 作品紹介 > コバルト鹿文花瓶
オールドノリタケ
コバルト鹿文花瓶

作品番号 u5666
裏印銘 1911年頃 - 1921年頃 通称:M-NIPPON印
状 態 ペイントロスがある程度で、カケ・ワレ・ヒビなどなく良好な状態
寸 法 H:19cm L:10cm W:13cm
原産国 日本
買付先 アメリカ
付属品

販売価格 229,900円 <税込>


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号:04-7179-0116 [ 平日10:00~17:00 ]
u5666_01

< 作品の詳細な画像はこちら >

作品解説
今回の里帰美術工芸は、今から約100年前に欧米に輸出されたオールドノリタケの鹿が描かれたアンティークな作品です。

当時のオールドノリタケの作品には、多種多様な動物が確認されています。
駱駝、猫、鹿、犬、象、狐、羊、馬、獅子、兎、栗鼠、虎などがあり人気があります。

また、「イギリスの建築家であるサー・エドウィン・ランドシーア」、「オランダの画家であるアントン・モーヴ」、「古い米国西部の描写を得意としたアメリカの画家のフレデリック・レミントン」などのデザインをモティーフにした作品もあります。

コバルトは、一般的に青色顔料としてはコバルト化合物を使用しますが、オールドノリタケでは鮮やかな瑠璃色を出すために酸化コバルトを使用していました。
有名なのはフランスのセーブルで、「KING OF BLUE」としてヨーロッパ王室や貴族の間で愛用されています。