ブランドから骨董品を選ぶ
里帰り薩摩焼
隅田焼
オールドノリタケ
竹内忠兵衛
横浜焼
瀬戸焼



目的から骨董品を選ぶ
アンティーク【カップ・マグ】
アンティーク【茶器】
アンティーク【テーブル小物】
アンティーク【ボウル・鉢】
アンティーク【皿・プレート】
アンティーク【花瓶・花器】
アンティーク【掛花入れ】
アンティーク【置物】
アンティーク【絵皿・飾皿】
アンティーク【喫煙器】
アンティーク【蓋物・小物入れ】
アンティーク【その他の用途】
敬誠アートのトップページへ > ブランドから骨董・アンティークを探す > 横浜焼 > 城下風景文陶板

横浜焼
横浜焼 [ u5228-11 ] 横浜焼 [ u5228-2 ] 横浜焼 [ u5228-3 ] 横浜焼 [ u5228-4 ] 横浜焼 [ u5228-5 ]
横浜焼 [ u5228-6 ] 横浜焼 [ u5228-7 ] 横浜焼 [ u5228-8 ] 横浜焼 [ u5228-9 ] 横浜焼 [ u5228-10 ]
横浜焼 [ u5228-11 ] 横浜焼 [ u5228-12 ] 横浜焼 [ u5228-13 ] 横浜焼 [ u5228-14 ] 横浜焼 [ u5228-15 ]
横浜焼 [ u5228-16 ] 横浜焼 [ u5228-17 ] 横浜焼 [ u5228-18 ]

横浜焼

城下風景文陶板の大きな画像リストはこちら

横浜焼とは
1859年に横浜が開港して明治時代の幕が開けます。
日本中から横浜に集まった陶磁関係業者が工房や店舗を構えて、全国から素地を仕入れて絵付けや販売を行い、ここに「横浜焼」が生誕します。
精緻を極めた名品の数々は、万国博覧会への出品を機に、その彩色奇絶で優美なデザインで海外の評価を得ました。
ジャポニズムブームを巻き起こし、横浜港から主に欧米諸国に輸出されていきました。

宮川香山や井村彦次郎をはいめとする陶磁関係業者は最盛期には約500社を超え、職人技を競い合
っていました。
海外でアールデコが流行し、1923年の関東大震災で終焉の途をたどります。
輸出品であるがゆえに日本国内での流通は乏しく、謎多き幻の横浜焼が、約100年という長い年月を
経て里帰りしてきました。
謎多き幻の精緻・奇絶な輸出陶磁器

城下風景文陶板

今から約100年前に欧米に輸出された【高坂】の横浜焼の作品です。
高坂(生没年不詳)は1905年に米国オレゴン州ポートラアンドで開催されたルイスクラーク100年記念万国博覧会に出店しており、高坂も金牌受賞者の中の一人として名前が挙がっております。
ただ、当時の横浜には、高坂という名が複数人あったことが確認されていて、どの高坂が万博の受賞者なのかは定かではありません。
高坂藤右衛門、高坂ヤス、高坂竹次郎等があります。


この万博には、日本より約13300点余りが出品されました。
金牌139・銀牌86の受賞者の中で、陶業関係者の受賞数は金牌20・銀牌13となっています。



横浜焼:城下風景文陶板をお気に入りに追加


横浜焼の価格問合

お問合せには、以下に記載の"u"から始まる番号が必要です。
電話でも受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
電話番号 : 0 4 - 7 1 7 9 - 0 1 1 6 [ 平日 9:00 ~ 18:00 ]

現品をご覧になりたい方は、ご連絡の上、ご来店ください。
店舗住所 : 千葉県我孫子市台田4-11-42 敬誠北柏ビル
営業時間 : 9:00 ~ 18:00 *土日祝日は要予約
* 駐車場完備


< 基 本 情 報 >
番 号 u5228
発送元 店舗(千葉県我孫子市)
ブランド 横浜焼
材 質 磁器
付属品 なし
数 量 現品限り
時 代 大日本高坂造 (明治末期 - 大正時代 )
状 態 H:0.5cm L:17cm W:18cm
寸 法 H:0.5cm L:17cm W:18cm


< 注 意 事 項 >
・ ヴィンテージ・アンティーク品の為、ご使用の際にはその点をご理解下さい。
・ 製造より100年以上経過 【 アンティーク 】と表記します。
・ 製造より30年以上経過 【 ヴィンテージ 】と表記します。
・ 経年の作品ですので、説明の難しい部分がありますことをご了承下さい。
・ 作品の中に実用に向かないものもございますので、お問合せ下さい。
・ PC環境等で色合いが実物と異なる場合がございます。


< 作品の在庫について >
・ 当社では実店舗で展示・販売している作品の一部をに掲載しています。
・ ご注文頂いたタイミングによっては、売却済になっている場合がございます。
・ 在庫がない場合は後程ご連絡させて頂きます。