敬誠トップ > 陶磁器一覧

陶磁器一覧

薩摩焼 本薩摩から京薩摩まで明治時代の豪華絢爛な東洋の宝石
薩摩焼は、朝鮮陶工によって約400年前に伝えられております
鹿児島の本薩摩を始め、錦光山や帯山、宝山、亮山、正山などの京薩摩、大阪薩摩の藪明山、 保土田、服部、中村などの横浜薩摩など各地へ派生し、欧米諸国へ輸出されていきました
薩摩焼は明治に開花したものの、以外にも百花繚乱を謳歌した時代は短く1890年代の後半には 衰退していってしまった美術工芸品になります
詳細はこちら > >
日本陶磁器 明治から大正時代にかけて輸出された日本製の陶磁器
明治維新以降に藩の庇護がなくなり、 政府も外貨獲得を後押ししており、瀬戸の陶工は次第に、輸出に目を向けるようになり、 輸出陶磁器は急激に拡大していき、加藤周兵衛、川本桝吉、加藤春光等、多くの陶工が活躍し、 横浜や名古屋などの各地で貿易陶磁が盛んに行われるようになり、竹内忠兵衛、井村彦次郎、田代、 高坂、名古屋製陶所、志水禄之助等が確認されております
詳細はこちら > >
オールドノリタケ 西洋・東洋の絵付けを融合した近代輸出陶磁器の至宝
森村組や日本陶器(現ノリタケカンパニーリミテッド)が 1890年頃から1945年頃までに、主に欧米に輸出した陶磁器をオールドノリタケと呼んでおり、 優雅で繊細な洋風絵付けに細密精緻な盛り上げや金盛り装飾を用いて欧米の要求に応えており、 職人の誠心誠意、精魂込めて作られた作品は、品質は勿論の事、品格も抜群に素晴らしく極めて 完成度の高いものが多く確認されており、100年という長い年月を経て日本に里帰りし、 年々評価が高まっております
詳細はこちら > >;
オールドノリタケ 図案別
数多くの陶磁器が日本から欧諸国へ輸出された明治・大正時代
欧米より送られてくる見本帳を見て、見たことも聞いたこともないようなデザインを職人さんが 創造して描いたものから、純和風・ジャポニズムのデザインまで多岐に渡っております
そのような各種デザインから作品を検索できるようにしましたのでご参照下さい
デザイン一覧はこちら > >
用途別
今から約100年前に海を渡った陶磁器が長い歴史を経て日本に里帰りして参りました
花瓶、飾皿、鉢・菓子器、茶器、カップ&ソーサー、ティーセット、置物、カバーボックスなどその西洋風アンティーク陶磁器を現代のライフスタイルでもご利用頂けるように用途別にご提案できるようにしましたのでご参照下さい
用途一覧はこちら > >
ページトップヘ